「鬼滅の刃」柱稽古編

2024年春にテレビアニメ放送が決定している「鬼滅の刃」柱稽古編の内容をネタバレ解説・考察しています。

柱稽古編の次は何編となるのか?また、原作漫画の何巻から何巻まで(どこからどこまで)を描くのかなど、気になる最新情報をお届けします。

「鬼滅の刃」柱稽古編とは?

「鬼滅の刃」の柱稽古編は、主人公・炭治郎や他の隊士たちが鬼殺隊の最強メンバー「柱」たちと共に稽古を行うという内容です。

アニメ版の柱稽古編は、2024年春にフジテレビ系全国放送でスタート予定であり、第一話は特別に一時間スペシャルとして放送されることが決定しています。

柱稽古編には、これまであまり登場機会のなかった柱たちが多数登場します。恋柱の甘露寺蜜璃(かんろじみつり)による「地獄の柔軟運動の訓練」や、蛇柱の伊黒小芭内(いぐろおばない)による「太刀筋矯正の訓練」など、それぞれの柱が持つ個性的な稽古方法が描かれています。

炭治郎はこの厳しい稽古を通じて、家族のことを思い出し、煉獄の最後の言葉「心を燃やせ」を思い出すことで、精神的にも成長しました。また、炭治郎は反復動作の重要性を学び、痣を発現させ維持できるようになりました。

「鬼滅の刃」の柱稽古編は、鬼舞辻無惨との最終決戦に向けて隊士たちが力をつけるための重要なエピソードとなっており、見どころ満載の内容となっています。

また、2024年2月2日には、世界初公開として柱稽古編の第1話がワールドツアー上映でスタートすることが発表されており、ファンからは大きな期待が寄せられています。

鬼滅の刃5期いつから?柱稽古編アニメ放送日は?刀鍛冶の里編の次

美少女

「鬼滅の刃」柱稽古編は、柱の衝撃の過去が明らかになります!

「鬼滅の刃」柱稽古編の特訓内容をネタバレ考察

「鬼滅の刃」の柱稽古編では、鬼殺隊の最強の剣士たる“柱”が一般隊士たちに厳しい稽古を課し、彼らの技術を向上させる様子が描かれています。この稽古は、炭治郎たちが鬼舞辻無惨との最終決戦に向けて身体能力と精神力を鍛えるために行われました。

稽古は非常に厳しく、各柱が特有の方法で隊士たちを指導しました。以下に、各柱による稽古内容を順番にまとめてみました。

音柱・宇髄天元の稽古内容

宇髄天元の稽古では、基礎体力向上を目的とした厳しいトレーニングが行われます。隊士たちは疲れ切るまで走り続け、体力の限界を超えることを求められます。

また、我妻善逸に対しては、温泉を掘らせることで基礎体力を底上げする特別訓練が施されていました。これは宇髄天元の独自の配慮からくるもので、彼の優しさや後輩に対する思いやりが垣間見える内容となっています。

霞柱・時透無一郎の稽古

時透無一郎の稽古内容は、隊士たちに高速で移動する能力を養うことに特化しています。彼の訓練は身体能力の限界を超えるスピードを要求し、隊士たちには過酷な訓練となっているようです。

恋柱・甘露寺蜜璃の稽古

「地獄の柔軟運動」と呼ばれる厳しい柔軟訓練が行われます。彼女自身が持つ異質な筋肉のために、その柔軟性は想像を絶するものがあり、隊士たちはこの訓練を通じて身体の限界を超える経験をします。

しかし、甘露寺蜜璃の訓練にはリボンを使った新体操のようなエレメントも含まれており、見た目とは裏腹に厳しいものとなっています。

風柱・不死川実弥の稽古

不死川実弥(しなずがわさねみ)の稽古は、精神と肉体の両方に極限まで挑戦するものでした。不死川実弥の訓練はシンプルながらも過酷で、「無限打ち込み稽古」と称され、隊士たちは不死川一人相手に終わりなく打ち込みを続けることを強いられます。

この稽古の目的は持久力の向上にあり、隊士たちには、失神するか不死川の攻撃に耐えきるまで休憩の余地は与えられません。訓練初日から隊士たちは極限の状態に追い込まれ、炭治郎も例外ではなく、不死川実弥との訓練ではボコボコにされるほどの厳しさでした。

岩柱・悲鳴嶼行冥の稽古

悲鳴嶼行冥の稽古は、隊士たちの肉体的な限界を超えさせることを目的としたもので、筋肉強化訓練として知られています。

この訓練では、滝に打たれる修行、太い丸太を担ぐ修業、さらには自分よりも大きな岩を一町(約109m)まで押して運ぶという、過酷な内容が含まれています。

特に岩を押す修業では、多くの隊士が壁にぶつかりますが、悲鳴嶼行冥からの指導と玄弥のアドバイスを受け、炭治郎はついに岩を動かすことに成功します。

悲鳴嶼の訓練は、単に肉体を鍛えるだけでなく、隊士たちの精神力を育み、集中力や心肺機能を高めることを目的としているようです。この稽古を通じて、隊士たちは自身の限界を超えた成長を遂げることができました

美少女

鬼殺隊・柱の訓練はどれも常人離れした内容!特に悲鳴嶼行冥の稽古がえぐいですね

「鬼滅の刃」柱稽古編・冨岡義勇の過去をネタバレ考察

「鬼滅の刃」の柱稽古編では、水柱・冨岡義勇は柱稽古に参加しませんでした。炭治郎がお館様こと産屋敷耀哉の命令により、説得に向かうと驚くべき過去が判明します。

冨岡義勇は過去に鬼殺隊の最終選別試験に錆兎(さびと)とともに参加しています。自身は鬼を一体も倒すことができず、錆兎が身代わりとなって合格することができたことが暗い影を落としています。

本来であれば、水柱になるのは錆兎であったという思いから、自身は水柱ではないと自信を失っており、このために当初は柱稽古への参加を拒んでいました。

しかし、炭治郎の説得や錆兎の言葉を思い出すことにより、冨岡義勇は立ち直ることができ、最終的には稽古に参加しました。

美少女

冨岡義勇と錆兎がまさか同期だったとは!?物語序盤からの伏線をここで回収する構成が秀逸です

「鬼滅の刃」柱稽古編・悲鳴嶼行冥の過去をネタバレ考察

「鬼滅の刃」の柱稽古編では、岩柱・悲鳴嶼行冥の過去のエピソードも印象的です。悲鳴嶼行冥は、寺で身寄りのない子どもたちを育てていた過去があり、ある夜、その子どもたちが鬼の襲撃に遭遇します。

悲鳴嶼行冥はその中の一人、沙代という少女を守り抜こうとし、一晩中鬼と戦い続けます。しかし、救援が到着したときには、誤解が生まれ、悲鳴嶼行冥は事件の犯人として疑われてしまいます。

この誤解が解けたのは、鬼殺隊の長・産屋敷耀哉の登場によります。彼は悲鳴嶼行冥の無実を証明し、その強さを見込んで鬼殺隊に勧誘します。悲鳴嶼はその後、極限の筋肉強化訓練を経て、岩の呼吸を使いこなす強力な剣士として成長します。

物語の中で悲鳴嶼行冥は、炭治郎とも深い関わりを持ちます。炭治郎が柱稽古を終え、疲労困憊している際に悲鳴嶼行冥は炭治郎を認め、自身の過去を語ります。炭治郎の純粋さと正直さに感銘を受けた悲鳴嶼は、彼を鬼殺隊の一員として受け入れるのです。

美少女

悲鳴嶼行冥の過去は柱の中でも一二を争う辛い内容です

「鬼滅の刃」柱稽古編・善逸が精神的に成長

「鬼滅の刃」柱稽古編では、善逸に驚くような変化を遂げます。元音柱・宇髄天元による特別訓練を始めとした柱稽古に弱音を上げていた善逸ですが、悲鳴嶼行冥の柱稽古をしている時に、驚くべき事実を知らされます。

これにより自身がやるべき使命を認識し、別人のように物静かに炭治郎に話しかけます。この伏線の回収は、柱稽古編の次となる無限城編で回収されることになります。

美少女

無限城編では善逸のかっこいいシーンが満載です

「鬼滅の刃」柱稽古編で蟲柱・胡蝶しのぶは何をしていた?

「鬼滅の刃」柱稽古編では、蟲柱・胡蝶しのぶは、稽古に参加していませんでした。胡蝶しのぶは他の柱とは異なる重要な役割を担っていました。彼女は、直接的な訓練参加ではなく、他の重要な任務に従事していたことが明らかになっています。

胡蝶しのぶは、姉である胡蝶カナエの敵であり、上弦の弐・童磨(どうま)を討つ計画を珠世とともに練っていました。胡蝶しのぶの体内には長期にわたって藤の花の毒が摂取されており、これにより通常の活動が制限されてました。

この毒は後に童磨との決闘で重要な役割を果たしますが、その準備のために胡蝶しのぶは柱稽古に参加していなかったと考えられます。

また、胡蝶しのぶは鬼でありながら鬼舞辻無惨に反旗を翻す珠世と共に、鬼を人間に戻すための薬の研究にも携わっていました。

この研究は、鬼殺隊の最終的な目標である鬼舞辻無惨との戦いにおいて、極めて重要なものでした。そのため、しのぶは柱稽古に参加する代わりに、これらの重要な任務に専念していたと推測されます。

美少女

胡蝶しのぶの研究の成果は無限城編で発揮されます。もはや涙なしでは語れません

「鬼滅の刃」柱稽古編の内容は漫画何巻から何巻まで(どこまで)?

「鬼滅の刃」柱稽古編のエピソードは、原作漫画コミックの第15巻から第16巻、具体的には第128話から第136話に収録されており、総話数としては9話になります。

テレビアニメとしては非常に短いエピソードとなっているため、無限列車編と同じようにアニオリが追加される可能性もありそうです。

「鬼滅の刃」柱稽古編の次は何編?

「鬼滅の刃」の柱稽古編の次は、物語のクライマックスである「無限城編」です。鬼殺隊と最終的な敵である鬼舞辻無惨との決戦に向けて、上弦の鬼と壮絶な戦いが繰り広げられます。

無限城編は、鬼滅隊の各隊員と鬼との壮絶な戦いを描き、登場キャラクターたちの運命や物語の行方を大きく左右するエピソードとなっています。

柱稽古編の次となる無限城編では、お館様の屋敷を訪れた鬼舞辻無惨との対面や、その後の爆発的な展開が物語の転機を迎えるきっかけとなります。

また、鬼殺隊の柱や主要キャラクターたちが、それぞれの鬼と対峙し、最後の戦いを繰り広げることになります。

善逸、炭治郎、胡蝶しのぶ、悲鳴嶼行冥など、鬼殺隊の主要メンバーがそれぞれの最強の鬼と対決する様子は、物語に緊張感と臨場感をもたらし、息もつかせない怒涛の展開となります。

まとめ

ここまで「鬼滅の刃」柱稽古編の内容をネタバレ解説・考察してきましたが、いかがだったでしょうか。

柱稽古編の次となる無限城編は、壮絶な戦いの連続となりますので、柱稽古編はある意味ゆっくりした時を過ごせる最後の時間となっています。

テレビアニメでどのように映像化するのも気になる所です。「鬼滅の刃」最終章に向けて、柱稽古編を楽しんで行きましょう。

マンガや小説を読むならコミックシーモアがおすすめです!

「新しいマンガを探しているけれど、何を読んだらいいかわからない…」
「高い本を買う前に、作品の雰囲気を知りたい…」
「毎日の通勤時間を楽しく過ごしたい…」
「お得にマンガを読みたいけれど、どこで探せばいいかわからない…」

など、マンガの楽しみ方に悩んでいる方はたくさんいます。

そんな方にオススメなのが、コミックシーモアのキャンペーンです!

\会員登録後すぐに使える70%OFFクーポン配布中/

コミックシーモアでは、新規無料会員登録時に、お好きな作品に使える70%OFFクーポンをプレゼントしています。このクーポンは対象作品1冊に限り、1回のみ使用可能で、新規登録から7日間有効です。ただし、一部のタイトルはクーポン対象外となるので注意が必要です。

さらに、新規無料会員登録月の翌月末までに月額メニューに登録し、翌月の1日まで継続すると、登録メニュー分のポイントが後日返還される特典もあります。これにより、お得にさらに多くのマンガを楽しむことができます。

加えて、無料会員登録翌日からの7日間、毎日の訪問で10ptまたは40ptがプレゼントされるキャンペーンも実施中です。このポイントを使って、さらに多くの作品をお得に楽しむことが可能です。

\会員登録後すぐに使える70%OFFクーポン配布中/

コミックシーモアのキャンペーンを利用すれば、新しいマンガを発見し、お得に楽しむことができます。この機会に、ぜひコミックシーモアをチェックしてみてください!