【鬼滅の刃】我妻善逸(ぜんいつ)声優・下野紘の他の代表作キャラは?

鬼滅の刃にて、主人公・竈門炭治郎の同期になる我妻善逸(ぜんいつ)の声優・CVを務めるのが下野紘さんです。下野紘さんの鬼滅の刃以外の他のアニメ代表作キャラをまとめてみました。

頼りないけど、いざという時はかっこいい姿を見せる我妻善逸の別の顔をチェックしてみましょう。

画像出典:鬼滅の刃公式

下野紘さんはどんな人?プロフィールまとめ

名前 下野紘(しものひろ)
生年月日 1980年4月21日
年齢 40歳(2020年10月時点)
身長 168cm
血液型 B型
事務所 アイムエンタープライズ
出身地 東京都
愛称 しもんぬ、ひろたん

鬼滅の刃にて、雷の呼吸を駆使する我妻善逸の声優を務めるのが下野紘さん。我妻善逸は、非常に臆病なキャラで、敵と遭遇した時などは阿鼻叫喚で叫びまくるのですが、下野紘さんのハイトーンボイスが良く似合います。

一方で、眠りに落ちて半覚醒状態の時や、愛しの禰豆子(ねずこ)ちゃんを守る時は、落ち着いた感じの声で、そのギャップがかっこいい!と鬼滅の刃でも大人気のキャラです。

そんな下野紘さんは1980年生まれの40歳(2020年10月時点)!個人的には、お顔を拝見する限り、竈門炭治郎(かまどたんじろう)役の花江夏樹さんと同い年くらいかと思っていたので、見た目的にも若々しい方です。

テレビアニメでは、「ラーゼフォン」の神名綾人役で主役デビュー!唐揚げ(からあげ)が大好物で特集コーナーを立ち上げたり、歌手活動をしていたりと、幅広く活躍されています。

鬼滅の刃の我妻善逸役では、ギャーギャーと騒ぐ声が「汚い高音」と称されていましたが、気絶した時の落ち着いたトーンとのギャップにやられてしまった人も多く、下野紘さんの高い演技力を感じます。

原作の我妻善逸ともイメージぴったりの声で、違和感ゼロで受け入れられた人が多いのではないでしょうか♪

下野紘さんのほかのアニメ代表作キャラ

来栖翔:うたの☆プリンスさまっ♪

下野紘さんの我妻善逸以外のアニメ代表作キャラといえば、真っ先に思い浮かぶのが、「うたの☆プリンスさまっ♪」の来栖翔。普段は元気いっぱいのキャラですが、時折見せる低い声にメロメロになってしまった女性ファンは多いようです。

「うたの☆プリンスさまっ♪」の来栖翔役でも、鬼滅の刃の我妻善逸と同じく、高音と低音をうまく使い分けている感じですね。

「うたの☆プリンスさまっ♪」の中では、アイドルグループ「ST☆RISH」の一員として、元気いっぱいに歌うシーンもあり、下野紘さんの歌唱力の高さを生かしているキャラでもあります。

キャラクターソングもたくさんあり、下野紘さんが演じたことがあるアニメキャラクターの中では、ランキング1、2位を争うほど、人気がある不動の愛されキャラです。

コニー・スプリンガー:進撃の巨人

下野紘さんは、鬼滅の刃が空前絶後の大ヒットを飛ばす前に、話題になった大ヒットアニメ「進撃の巨人」のコニー・スプリンガーの声優も務めています。

進撃の巨人は人間が巨人に食べられるという、シリアスなシーンもあるダークファンタジーアニメですが、そんな中でもコニー・スプリンガーは明るい性格で周りを和ませるキャラでもあり、下野紘さんの声が良くマッチしています。

また、コニーは小柄の坊主頭が特徴のキャラで、一見頼りない感じもありますが、やる時にはやる強さもあり、鬼滅の刃の我妻善逸や、うたプリの来栖翔に通じる部分もあります。

基本的には小柄でかわいらしく、一見ヘタレだけど、やる時にはやるかっこいいキャラが下野紘さんには良く似合うのかもしれませんね♪

鏑木一差:弱虫ペダル

個人的に下野紘さんが演じたアニメキャラクターの中で、一番印象に残っているのが弱虫ペダルの鏑木一差(かぶらぎいっさ)。初めて鬼滅の刃の我妻善逸の声を聞いた時は、弱虫ペダルの鏑木一差じゃん!と思ったほどでした(笑)

弱虫ペダルは自転車競技(ロードレース)を題材としたスポーツアニメ・漫画ですが、鏑木一差はアニメ3期から登場します。

元気でおバカで天然で、体の小さなキャラが、下野紘さんが演じるキャラクターのイメージで、ハマり役となっていました。

そのほかのアニメ代表作キャラ

下野紘さんのそのほかのアニメ代表作キャラ
  • ゼノ:暁のヨナ
  • 桂木桂馬:神のみぞ知るセカイ
  • レイ=ブラックウェル:イケメン革命
  • 荼毘:僕のヒーローアカデミア
  • 橘:停電少女と羽蟲のオーケストラ
  • 黒沼青葉:デュラララ!!
  • 白山吉光:刀剣乱舞

下野紘さんはそのほかにも多数の人気アニメに出演!主役級のキャラこそ少ないものの、独特のハイトーンボイスと落ち着いた感じの低音ボイスで印象に残るキャラを演じる機会が多いように思えます。

歌手活動については、2020年8月に音楽活動の休止を告知し、今後は声優活動に力を入れていくということで、今後ますます下野紘さんの声を聴くシーンが多くなりそうです♪

まとめ:下野紘さんの今後の活躍から目を離せない

本日のおとく情報
  • 下野紘さんは「ラーゼフォン」の神名綾人役で主役デビュー
  • 鬼滅の刃以外では、うたプリや進撃の巨人、弱虫ペダルなど多数の人気アニメに出演
  • 元気いっぱいハイトーンボイスと落ち着いた低音ボイスの使い分けが魅力

下野紘さんは一度聞いたら忘れない特徴的な声質が魅力です。鬼滅の刃の我妻善逸は、まるで下野紘さんのために用意されたようなキャラクターで、一ミリの違和感もなく、ハマっていましたね♪

今まで下野紘さんが演じてきたアニメキャラクターの中でも、ランキング1、2位を争うキャラクターになることは間違いないでしょう。

我妻善逸は、鬼滅の刃の中でもいち早く炭治郎と行動を共にし、欠かせないキャラクターになっています。雷の呼吸を使う時の善逸は超絶カッコイイので、鬼滅の刃のテレビアニメ2期や劇場版映画などの続編でも、引き続き期待したいですね♪

鬼滅の刃を見て、下野紘さんを知った人は上記の代表作キャラを参考に、他のアニメも見てみてくださいね♪