RWBY氷雪帝国

「RWBY 氷雪帝国」のアニメ2期続編制作の可能性はあるのか?あるなら、放送日はいつからになるのかを考察予想しています。

また、原作との違いや感想もまとめていますので、ファンの人は必見です。

(C)Rooster Teeth Productions, LLC/Team RWBY Project

【RWBY 氷雪帝国】アニメ2期の最新情報

現時点で公式からの発表はなし

タイトル RWBY 氷雪帝国
読み方 ルビー ひょうせつていこく
原作 Rooster Teeth Productions’
“RWBY” by Monty Oum
アニメーション制作会社 シャフト
アニメ放送開始日 2022年7月~9月
話数 全12話
アニメ放送局 TOKYO MXほか

「RWBY 氷雪帝国」は、アメリカのルースター・ティース・プロダクションが制作した3DのWEBアニメシリーズ「RWBY(ルビー)」を原作としているアニメです。

原作となる「RWBY(ルビー)」は、Volume1(第1期)からVolume8(第8期)まで制作されている長編シリーズとなっており、現在も完結せずに公開が続けられている作品です。

あらすじ内容としては、魔法と科学が同居する世界「レムナント」を舞台に、人類の平和な暮らしを脅かすグリムとハンターとの戦いを描いた物語となっています。

原作の「RWBY(ルビー)」は、2014年には国際WEBアカデミー賞(英語版)の最優秀アニメーションシリーズ賞を受賞するなど、数々の賞を受賞しており、高い評価を受けています。

そんな「RWBY(ルビー)」ですが、日本のスタッフが中心となって、2Dアニメとしてリメイク!アニメーション原案に「魔法少女まどかマギカ」の脚本で人気の虚淵玄さんを迎えるなど、2022年夏アニメの注目作として話題になっています。

果たしてアニメ2期制作はあるのか?また、あるなら放送日はいつからになるのか?また、原作との違いや「RWBY 氷雪帝国」の感想など、気になる最新情報をまとめていきます。

「RWBY 氷雪帝国」の動画を無料視聴する方法

  1. U-NEXTの31日間無料トライアルに登録する
  2. 「RWBY 氷雪帝国」のアニメを無料視聴する
  3. 他の人気アニメをついでに見る
今すぐU-NEXTで「RWBY 氷雪帝国」を無料視聴する
\無料期間中の解約なら、料金請求一切なし/

※2022年7月時点の情報です。最新情報はU-NEXT公式サイトをご確認下さい。

【RWBY 氷雪帝国】アニメ2期制作の可能性はある?

円盤の売上から考察

「RWBY 氷雪帝国」のアニメ2期制作の可能性を探る上で、まず最初にチェックしておきたいのが、ブルーレイやDVDなどの円盤売上です。

アニメ続編制作のためには、黒字化が条件と言われており、そのためには円盤の売上は非常に重要です。一般的には円盤売上が平均4,000枚を突破してくると、アニメ製作委員会が黒字になると言われています。

タイトル 平均売上枚数
アニメ第1期 ?枚

「RWBY 氷雪帝国」の円盤は、Blu-ray BOX1巻のみの販売が予定されています。円盤の発売予定日は、2023年1月27日(金)となっているため、円盤の売上速報が出るのはこれからです。

参考までに既に予約を受け付けているAmazonの売れ筋ランキング(2022年7月25日時点)をチェックしてみると、「RWBY 氷雪帝国」はブルーレイアニメ部門で177位となっていました。

最終的にはAmazon売れ筋ランキングで100位以内に入らないと、円盤売上4000枚達成は難しいと言われていますが、発売まで4ヶ月以上ある中での、この順位は非常に健闘していると言えます。

「RWBY 氷雪帝国」は原作人気も非常に高いため、新たなファンを取り込みつつ、原作ファンの支持も得ることができれば、Amazon売れ筋ランキングで100位以内に入る可能性も高いのではないでしょうか。

よって、円盤の売上面からは、「RWBY 氷雪帝国」のアニメ2期制作の可能性は高いと判断できそうです。

動画配信の人気から考察

続いて、動画配信サービスの人気面から、「RWBY 氷雪帝国」のアニメ2期制作の可能性を探ります。

最近では巣ごもり需要により、動画配信サービスが一気に普及してきました。そのため、円盤の売上で爆死しても、動画配信サービスからの収益でカバーして、アニメ2期制作へとつながるケースも増えてきました。

「RWBY 氷雪帝国」はそれだけで黒字を確保できると言われる独占配信契約こそなかったものの、主要な動画配信サービスには見放題配信されているため、再生回数に応じた収益には期待が持てそうです。

アニメ特化の動画配信サービスとして人気があるdアニメストアにおける2022年7月25日時点のウィークリーランキングを確認してみると、「RWBY 氷雪帝国」は、第18位にランクインしていました。

これは2022年夏アニメの中では中間くらいの順位となっているため、動画配信サービスからの収益だけで、即アニメ2期制作が決定するレベルではなさそうです。

動画配信サービスの人気面では、単独で続編制作決定は難しいものの、円盤の売上次第ではアニメ2期制作に希望が持てると言えそうです。

【RWBY 氷雪帝国】アニメ2期の放送日はいつから?

タイトル 放送期間 前作との間隔
アニメ第1期 2022年7月~9月

仮に「RWBY 氷雪帝国」のアニメ2期が制作された場合、放送日がいつからになるのかを予想していきます。

まず、原作の3D・WEBアニメをおさらいしておくと、現在Volume8(第8期)まで公開されており、話数にすると全106話となっているため、原作ストックとしては十分過ぎるほどに確保されています。

ただし、「RWBY 氷雪帝国」はアニメ4話からテレビアニメオリジナルの展開に突入しています。そのため、原作との関連性がどの程度残るかが気になる所です。

いずれにしても原作人気は非常に高い作品のため、あまり期間を空けずに、アニメ2期が制作される可能性が高いのではないでしょうか。

アニメ2期もオリジナル展開だった場合、脚本を追加する必要もあることから、「RWBY 氷雪帝国」のアニメ2期放送日は、1年半後となる2024年4月からになると予想します。

【RWBY 氷雪帝国】原作との違いや感想は?

ここからは「RWBY 氷雪帝国」の感想や、原作との違いを中心にまとめていきます。

3DCGと2Dアニメの違い

「RWBY 氷雪帝国」と原作との違いで、最も感想が多かったのが、3DCGアニメと2Dアニメの違いです。

原作の「RWBY」は3D・CGアニメーションで制作されていますが、「RWBY 氷雪帝国」は2Dアニメで制作されています。

そのため、原作アニメを視聴した人からすると、キャラデザインから戦闘シーンまで違和感があると感じてしまったようです。

日本のアニメは2Dアニメで制作されていることがほとんどのため、原作を知らずにアニメから見た人は、自然と受け入れられたのかもしれません。

アニメ4話からはオリジナル展開

「RWBY 氷雪帝国」と原作との違いとして、ある意味最も大きいのが、アニメ4話から原作にはないオリジナル展開に突入する点です。

アニメ1話~3話に関しては、原作「RWBYシリーズ」のVolume1(第1期)の総集編のような内容になっているため、細かな違いはあれば、メインストーリー自体は同じとなっていました。

アニメ4話からはオリジナル展開となるため、原作を知っている人にとっても、楽しめるストーリーとなるかに注目です。

作画は凄い!駆け足感がある

原作との違いを指摘されている「RWBY 氷雪帝国」ですが、作画については、概ね高評価の感想が多かったです。

特にアニメ1話でワイスが戦うシーンは迫力がありましたね!一方で、アニメ3話までは、原作アニメVolume1(第1期全16話)の総集編ということで、若干駆け足気味だったことは否めませんでした。

まとめ:RWBY 氷雪帝国2期の続編制作の可能性は60%

本日のおとく情報
  • RWBY 氷雪帝国2期制作の可能性は60%
  • 放送日は2024年4月頃になると予想
  • アニメ4話からは、原作にはないオリジナル展開

「RWBY 氷雪帝国」のアニメ2期ですが、動画配信サービスの人気ランキングはそこまで高くないものの、円盤の売上は好調となる見込みで、原作人気も高いことから、続編制作の可能性は60%と予想しました。

「RWBY 氷雪帝国」は出演声優陣も豪華で、主人公のルビー・ローズ役を早見沙織さん、ワイス・シュニー役を日笠陽子さん、ジョーン・アーク役を下野紘さんなど、錚々たるメンバーが担当しています。

制作スタッフも非常に豪華なことから、アニメ4話からのオリジナル展開には大いに期待したいですね♪

\本作品を見放題配信しているサイトはこちら!無料期間中なら、いつでも解約できる/

動画配信サービス 無料期間
DMM TVプレミアム 30日間
U-NEXT 31日間
dアニメストア 31日間
Amazon Prime Video 30日間
ABEMAプレミアム 2週間

※2024年6月時点の情報です。最新情報は各動画配信サイトをご確認下さい。