ワールドトリガー

「ワールドトリガー」のアニメ4期続編制作の可能性はあるのか?あるなら、放送日はいつからになるのかを考察予想しています。

また、アニメの続きを知りたい人のために「ワールドトリガー」の4期が原作漫画のどこからどこまで(何巻から何巻まで)映像化されるのかもまとめていますので、ファンの人は必見です。

(C)葦原大介/集英社・テレビ朝日・東映アニメーション

【ワールドトリガー】アニメ4期の最新情報

現時点で公式からの発表はなし

タイトル ワールドトリガー
原作 葦原大介
アニメーション制作会社 東映アニメーション
アニメ放送開始日 第1期:2014年10月~2016年4月
第2期:2021年1月~4月
第3期:2021年10月~2022年1月
話数 第1期:全73話
第2期:全12話
第3期:全14話
アニメ放送局 テレビ朝日系列

「ワールドトリガー」は、作者・葦原大介さんによって、週刊少年ジャンプに掲載された後、ジャンプスクエアで連載中の漫画が原作となっており、2016年2月時点で累計発行部数は350万部を突破している人気作品です。

あらすじ内容としては、異世界からの侵略者である近界民「ネイバー」と、その襲撃に対抗すべく設立された防衛組織「ボーダー」との戦いを中心に描いた作品となっています。

見どころは緻密に考え抜かれた戦術バトル!キャラの個性やチームの個性がしっかりと描かれており、それぞれの特徴を生かした作戦・頭脳戦が非常に面白いアニメとなっています。

最初こそ、作画崩壊がひどいと感じるようなシーンもあり、途中で挫折してしまう人もいると思いますが、次第に計算され尽くしたストーリー展開の虜になること間違いなしの作品となっています。

そんな「ワールドトリガー」ですが、すでにアニメは第3期まで放送済みとなっています。果たして続編となるアニメ4期製作の可能性はあるのか?あるなら、放送日はいつからになるのか?

また、アニメの続きを知りたい人のために、原作漫画のどこからどこまでを描いたのかなど、気になる最新情報をまとめていきます。

「ワールドトリガー」の動画を無料視聴する方法

  1. U-NEXTの31日間無料トライアルに登録する
  2. 「ワールドトリガー」のアニメを無料視聴する
  3. 他の人気アニメをついでに見る
今すぐU-NEXTで「ワールドトリガー」を無料視聴する
\無料期間中の解約なら、料金請求一切なし/

※2022年11月時点の情報です。最新情報はU-NEXT公式サイトをご確認下さい。

【ワールドトリガー】アニメ4期制作の可能性はある?

円盤の売上から考察

まずは、「ワールドトリガー」のアニメ4期続編制作の可能性から検証していきます。アニメ続編制作のためには、アニメ製作委員会が黒字となっているかどうかが大事と言われており、そのための重要な収入源が円盤(Blu-rayやDVDなど)売上です。

一般的には円盤売上げが平均4,000枚を突破してくると、単体で黒字を確保できるため、続編制作されやすいと言われています。

タイトル 平均売上枚数
アニメ第1期 約1,400枚
アニメ第2期 約1,900枚
アニメ第3期 不明

「ワールドトリガー」の過去シーズンも含めた円盤売上を振り返ると、いずれも黒字ボーダーラインと言われる平均売上4,000枚には到達していません。

普通に考えれば、続編制作は難しいと判断されるアニメですが、結果として「ワールドトリガー」はアニメ3期まで製作されています。

円盤売上はあくまで続編制作のための判断材料の一つであり、「ワールドトリガー」はその他の要素が強いことが予想できます。

動画配信の人気から考察

「ワールドトリガー」のアニメ続編制作において、重要な要素になっていると思われるのが動画配信サービスにおける人気状況です。

近年は動画配信サービスの普及により、円盤が売れにくい時代となりました。それゆえに、動画配信サービスからの収益は非常に重要となっています。

動画配信サービスからの収益としては、独占配信があるとそれだけで黒字を確保できると言われていますが、「ワールドトリガー」は独占配信はありませんでした。

そのため、見放題配信における再生回数に応じた収益が大事になってきますが、「ワールドトリガー」は直近のアニメ3期が放送されている期間中は、dアニメストアのウィークリーランキングでTOP10に入る人気となっていました。

仮に円盤売上が低調だったとしても、動画配信サービスの収益でカバーできている可能性は高いです。動画配信サービスの人気面からは、「ワールドトリガー」のアニメ4期続編制作の可能性は高いでしょう。

原作漫画の売上から考察

次に原作漫画の人気・売上面から「ワールドトリガー」のアニメ4期続編制作の可能性を占います。最近ではアニメ化により、原作漫画の売上が数倍に増えるケースも珍しくありません。

そのため、原作人気が高い作品であれば、それだけアニメ続編制作の可能性も高くなります。

「ワールドトリガー」の原作漫画は、2016年2月時点で累計発行部数350万部を突破しています。これはかなり古いデータとなっており、現在はもっと売れているものと推測できます。

「musicるTV」という番組では、ワートリの累計発行部数が1,500万部を突破とも発表されており、その人気は高いです。

原作漫画の人気・売上面からは、「ワールドトリガー」のアニメ4期続編制作の可能性は高いでしょう。

【ワールドトリガー】アニメ4期の放送日はいつから?

タイトル 放送期間 前作との間隔
アニメ第1期 2014年10月~2016年4月
アニメ第2期 2021年1月~4月 4年9ヶ月
アニメ第3期 2021年10月~2022年1月 6ヶ月

仮に「ワールドトリガー」のアニメ4期続編が制作された場合、放送日がいつからになるのかを予想していきます。

まず、過去シーズンの放送日を振り返ると、第1期と第2期の間は4年9ヶ月と結構な期間空きましたが、第2期と第3期はわずか半年で続編放送となりました。

これは原作ストックに余裕があったことから、第2期制作時点で第3期も見据えた制作スケジュールになっていた可能性があります。

そして、気になる第4期については、原作ストックの問題があります。現在、「ワールドトリガー」の原作漫画は、2022年11月22日時点における既刊が25巻となっています。

このうち、アニメ3期では22巻までをアニメ化したため、原作ストックが3巻しか残っていない状態です。今までのアニメを振り返ると、1期あたり原作漫画4巻ぶんくらいをアニメ化しているため、少なくとも1巻ぶんはストックが足りていない状況です。

最新刊となる第25巻「遠征選抜試験(3)」は2022年9月7日に発売となっており、直近の刊行ペースを見ると、約9ヶ月間隔となっていることから、このペースで行けば、第26巻が発売されるのは、2023年6月頃になりそうです。

そう考えると、「ワールドトリガー」のアニメ4期放送日は、早くても2024年1月以降になると予想できそうです。

【ワールドトリガー】アニメ4期は原作漫画のどこからどこまで?

最後に「ワールドトリガー」のアニメ4期が原作漫画のどこからどこまで(何巻から何巻まで)を描くのかをまとめていきます。

まず、アニメ3期が原作漫画のどこまでを描いたのかですが、先程も書いたように第22巻までを描きました。よって、アニメ4期は、遠征選抜試験が描かれる第23巻からとなります。

どこまで(何巻まで)を描くかですが、今までの原作ストック消費ペースを考えると、1クールあたり原作漫画4巻ぶんくらいのストックを使用しているため、第26巻までと推測できそうです。

ただし、第23巻~25巻までは全て遠征選抜試験の様子を描いているため、話の区切り的には遠征選抜試験が終わるまでを描くと予想できそうです。物語の展開スピードによっては、第27巻くらいまで進む可能性もありそうです。

もし、アニメ4期まで待てない!早く続きを知りたい!という人は、原作漫画23巻から読んでみるのをおすすめします。

動画配信サービス大手のU-NEXTなら、31日間の無料トライアル登録で電子書籍の購入にも使える600円ぶんのポイントをもらえます。ついでに「ワールドトリガー」のアニメを振り返り視聴もできるため、まだサービス利用したことがない方は、この機会にぜひお試ししてみてくださいね♪

アニメの続きを読む方法

  1. U-NEXTの31日間無料トライアルに登録する
  2. 無料期間中にもらえる600円ぶんのポイントで原作漫画を購入する
  3. ワールドトリガーや他の人気アニメをついでに見る
今すぐU-NEXTでワールドトリガーの漫画をチェックする
\無料期間中いつでも解約できる/

※2022年11月時点の情報です。最新情報はU-NEXT公式サイトをご確認下さい。

まとめ:ワールドトリガー4期の続編制作の可能性は80%

本日のおとく情報
  • ワールドトリガー4期制作の可能性は80%
  • 放送日は2024年1月頃になると予想
  • アニメ3期の続きを知りたい場合は、漫画の23巻から

「ワールドトリガー」のアニメ4期ですが、円盤の売上こそ期待薄な状況なものの、動画配信サービスは好調で、原作人気も高いことから、続編制作の可能性は高めの80%と予想しました。

「ワールドトリガー」はアニメ以外にも幅広いメディアミックス展開を行っており、ゲーム化や舞台化も行われています。

新作アニメ化による相乗効果を考えると、アニメ単体では黒字にならなくても続編制作してくる可能性はかなり高そうです。

アニメ4期からはいよいよ遠征選抜試験が開始となるため、三雲修や空閑遊真がいる玉狛第2部隊がどうなるのかも気になる所です。原作ストックが溜まったら、アニメ4期告知があるかもしれないので、以下の動画配信サイトで過去シーズンを振り返り視聴しながら、その時を待ちましょう。

\本作品を見放題配信しているサイトはこちら!無料期間中なら、いつでも解約できる/

動画配信サービス 無料期間
DMM TVプレミアム 30日間
U-NEXT 31日間
dアニメストア 31日間
Amazon Prime Video 30日間
ABEMAプレミアム 2週間

※2024年6月時点の情報です。最新情報は各動画配信サイトをご確認下さい。