【吸血鬼すぐ死ぬ】アニメ声優一覧!漫画どこまで(何巻何話まで)?

ギャグ漫画として大人気!2021年冬アニメとして「吸血鬼すぐ死ぬ」の放送が開始しました。気になる登場キャラと声優キャスト一覧をまとめています。

また、アニメ1期が原作漫画のどこからどこまで(何巻から何巻何話まで)放送されるのかも予想していますので、参考にしてください。

(C) 盆ノ木至(秋田書店)/製作委員会すぐ死ぬ

【吸血鬼すぐ死ぬ】はどんなアニメ?あらすじ内容は?

タイトル 吸血鬼すぐ死ぬ
読み方 きゅうけつきすぐしぬ
原作 盆ノ木至
アニメーション制作会社 マッドハウス
アニメ放送時期 2021年10月~12月
アニメ放送局 TOKYO MXほか

アニメ「吸血鬼すぐ死ぬ」は作者・盆ノ木至さんによって、週刊少年チャンピオンに連載されている漫画が原作となっており、2021年9月時点の累計発行部数は110万部を突破している作品です。

一般的に吸血鬼といえば、不死身で人間の血をすする恐怖の存在としてイメージされていますが、「吸血鬼すぐ死ぬ」に登場する高等吸血鬼・ドラルクはタイトル通り、すぐ死に、砂になってしまいます。ただし、不死身であるが故に、すぐに復活します。

原作漫画1巻で死亡した回数は何と58回!ある意味、史上最弱の吸血鬼として登場します。ひょんなことから、吸血鬼退治人のロナルドと同居することになり、吸血鬼と吸血鬼退治人の摩訶不思議なコンビ生活がスタートするという物語です。

2013年には第80回・別冊少年チャンピオン合同新人まんが賞において、佳作を受賞と高い評価を受けており、満を持してのアニメ放送開始となりました。

【吸血鬼すぐ死ぬ】のアニメ声優一覧

登場キャラ 声優(CV)
ロナルド関係者
ドラルク 福山潤
ロナルド 古川慎
ジョン 田村睦心
ヒヨシ 小野大輔
吸血鬼対策課
ヒナイチ 日岡なつみ
半田桃 松岡禎丞
サギョウ 田村睦心
ケイ・カンタロウ 山下誠一郎

「吸血鬼すぐ死ぬ」は主要キャラクターの声優ですが、主役とも言える高等吸血鬼・ドラルクを演じるのは、コードギアスのルルーシュ役としても大人気の福山潤さんです。

福山潤さんといえば、響き渡るような透明感ある低音ボイスが特徴!ドラルクがカッコよくなり過ぎている気もしますが、今回はギャグ満載の作品ということで、どんな演技をしてくれるのか、要注目です!

相棒のロナルドの声優キャストを演じるのは、古川慎さんです。古川慎さんといえば、「かぐや様は告らせたい」の白銀御行や、「ワンパンマン」のサイタマ、「憂国のモリアーティ」のシャーロック・ホームズなど人気キャラを多数演じている声優さんです。

ドラルク役の福山潤さんと、ロナルド役の古川慎さんの掛け合いは、「吸血鬼すぐ死ぬ」の見どころの一つと言えそうです。

その他、脇を固めるキャラクターも、小野大輔さんや、松岡禎丞さんなど、今をときめく人気声優さんが目白押しです。声優好きの人には楽しめるアニメとなりそうです。

【吸血鬼すぐ死ぬ】アニメ1期は何クール?何話まで放送される?

続いて、「吸血鬼すぐ死ぬ」のアニメ1期が1クールなのか?2クールなのか?また、何話まで放送されるのかをまとめていきます。

結論から書くと、1クール12話でほぼ確定となります。根拠は、「吸血鬼すぐ死ぬ」公式サイトのBD&DVD発売情報にあります。

「吸血鬼すぐ死ぬ」の円盤となるBlu-ray&DVDは、全3巻の発売が予定されており、最終巻となる3巻の情報をチェックしてみると、第9話~12話収録と記載されています。つまり、1クール12話構成となる可能性が非常に高いです。

現実主義勇者の王国再建記」のように、円盤情報では1クールぶんの情報しか記載していないのに、3ヶ月後すぐにアニメ2期が始まる例もありますが、少なくても連続2クールということはないでしょう。

「吸血鬼すぐ死ぬ」のアニメ1期は1クール12話になると予想します。

【吸血鬼すぐ死ぬ】アニメ1期は原作漫画のどこまで(何巻まで)描かれる?

最後に「吸血鬼すぐ死ぬ」のアニメ1期が原作漫画のどこまで(何巻まで)描かれるかを予想していきます。原作となる単行本漫画は2021年10月7日時点の最新刊が18巻となっています。

このうち、アニメ1期の第1話では原作漫画1巻の第1話~2話までがアニメ化されました。単純にこのペースで考えると、アニメ1期12話では原作漫画の24話までが描かれることになります。

これは巻数でいうと、コミックス3巻途中までとなります。ただ、「吸血鬼すぐ死ぬ」はギャグ漫画でテンポの良くショートエピソードが多いため、エピソードをカットしたり、アニメ1話で漫画2~3話ぶんを描く調整もしやすいです。

そういう意味では区切りが良い所で、原作漫画の1巻から3巻までの内容が描かれると予想します。

まとめ:アニメ「吸血鬼すぐ死ぬ」は1クール12話構成

本日のおとく情報
  • 「吸血鬼すぐ死ぬ」のアニメ1期は1クール12話構成
  • アニメ声優陣は豪華!福山潤さんと古川慎さんの掛け合いに注目
  • アニメ1期は原作漫画3巻までの内容が描かれると予想

「吸血鬼すぐ死ぬ」ですが、ギャグ漫画ということもあり、面白いと感じるか、つまらないと感じるかは視聴者によって評価が分かれる作品となりそうです。

ただ、第1話を見る限り、「吸血鬼すぐ死ぬ」の特徴とも言えるテンポの良い会話がしっかりと活かされている印象がありました。

ドラルク役に福山潤さん、ロナルド役に古川慎さんと、実力派声優さんを起用したこともあり、原作の雰囲気を壊すこと無く、安心して見ていられるアニメとなりそうです。

すでにネット上でも色々な感想が飛び交っていますが、2021年秋アニメはまだ始まったばかり!最新話を追い続けて楽しんで行きましょう♪