ドッグシグナル

「ドッグシグナル」のアニメ2期続編制作の可能性はあるのか?あるなら、放送日はいつからになるのかを考察予想しています。

また、アニメ1期が何クールで全何話までの放送となるのかや、原作漫画のどこからどこまで(何巻から何巻まで)映像化されたのかもまとめていますので、ファンの人は必見です。

「ドッグシグナル」アニメの作品概要とあらすじ

タイトル ドッグシグナル
原作 みやうち沙矢
アニメーション制作会社 冨嶽
アニメ放送期間 2023年10月~
アニメ放送局 NHK

アニメ「ドッグシグナル」は、みやうち沙矢による漫画が原作で、2018年7月より『comic bridge』で連載され、現在までに10巻が出版されています。

この物語は、元彼女に押し付けられた愛犬の世話に困っていた主人公・佐村未祐が、犬の散歩中に腕利きのドッグトレーナー、丹羽眞一郎と出会うことから始まります。

未祐は、眞一郎の幼なじみでトリマーの泉律佳や獣医の久宝鈴之介といった新たな仲間たちと出会い、彼らと共に学び、悩み、成長していく様子が描かれています。

物語のスタートでは、未祐は彼女に振られ、その上で問題を起こす犬を押し付けられます。散歩中に犬が言うことを聞かず、猫を追いかけて逃走するなどのトラブルが起こります。

アニメ版「ドッグシグナル」は、2023年10月からEテレで放送が開始されました。このアニメは、人と犬との絆を深めるドッグトレーナーという職業を軸に、人々と犬との幸せな関係を描いています。

アニメの監督は古橋一浩が務め、シリーズ構成も古橋一浩が担当しています。脚本は芦野里実が手掛け、主題歌や挿入歌には高橋優やにしなが参加しています。出演者には小野賢章、鈴村健一、甲斐田裕子、KENNなど、豪華な声優陣が名を連ねています。

「ドッグシグナル」は、若者たちの成長とペットとの絆をテーマにした心温まるストーリーであり、愛犬家やアニメファンにとって魅力的な作品であると言えるでしょう。

「ドッグシグナル」アニメ1期は何クール全何話まで?

「ドッグシグナル」のアニメ1期が何クールで全何話までとなるかですが、全20話までの放送が予定されています。これはNHKの「ドッグシグナル」公式サイトに明記されているため、間違いないでしょう。

クール数に関する具体的な情報は見つかりませんでしたが、通常アニメの1クールは12~13話で構成されることが多いため、「ドッグシグナル」アニメ1期が全20話であることを考えると、1クール半か2クールに相当することになります。

NHKの場合は、民放の放送局と比較すると、変則的な放送となることが多いですが、「ドッグシグナル」も一般的なアニメとは違う放送形態となりそうです。

「ドッグシグナル」アニメ2期続編制作の可能性はある?

項目 参考データ 判定
円盤売上見込み 円盤情報なし ×
動画配信人気 NHKプラスにて配信中
海外人気 Anime Trendingで圏外 ×
原作人気 累計発行部数不明
公式Xフォロワー数1万人以上

※2023年12月11日時点のデータです。

アニメ「ドッグシグナル」の第2期続編の制作に関する情報は、現時点で公式からの発表はありません。アニメ1期は2023年10月からNHK Eテレで放送されており、漫画原作もCOMIC BRIDGE onlineで連載中です。

通常、アニメ続編制作のためには、円盤(Blu-rayやDVD)売上や動画配信サービスの人気状況で黒字化できるかどうかがポイントと言われています。

「ドッグシグナル」に関しては、円盤の発売情報がなく、動画配信サービスに関してもNHKプラス以外では配信されていません。

また、海外の反応も良くなく、公式X(旧Twitter)のフォロワー数を見ても原作人気があるとは言えない状況です。

普通に考えれば、アニメ2期続編制作の可能性は絶望的ですが、「ドッグシグナル」はNHKで放送されているというのがポイントです。

本作品は教育的な番組にもなっている作品のため、NHKが必要と判断すれば、円盤売上や原作漫画の売上などで採算がとれなくても、アニメ2期制作に踏み切る可能性があります。

以上のことから考えると、「ドッグシグナル」のアニメ2期続編制作の可能性は20%くらいと推測できそうです。

「ドッグシグナル」アニメ2期放送日はいつから?

「ドッグシグナル」アニメ第2期の放送日についての情報は、現時点では発表されていません。仮にアニメ続編が制作された場合、放送日がいつからになるのかを予想していきます。

本作品は全20話の放送が予定されているため、スケジュール遅延などで放送延期されない限りは2024年3月頃に最終回が放送される予定です。

一般的に原作人気が高いアニメであれば、約1年~1年半くらいの期間で、続編が制作・放送されることが多いです。

「ドッグシグナル」はそこまで原作人気が高い作品ではありませんが、NHKという大きな後ろ盾があることから、アニメ2期制作されるなら、それほど時間がかからずに放送されるのではないでしょうか。

よって、「ドッグシグナル」のアニメ2期続編放送日は、2年後となる2026年4月頃になると予想します。

「ドッグシグナル」アニメ1期は原作漫画のどこからどこまで?

「ドッグシグナル」のアニメ続きを知りたい人のために、原作漫画のどこからどこまで(何巻から何巻まで)を描くのかをまとめていきます。

まず、原作漫画の既刊状況をチェックしておくと、2023年12月時点における最新巻は10巻となっています。

そしてアニメ8話「ひとりじめ」では、ダルメシアンを買う角田さんの悩みを解決するエピソードが描かれましたが、これは原作漫画3巻冒頭の物語となっています。

だいたい漫画2巻に対してアニメ7話を描くペースで進んでいることから、「ドッグシグナル」が全20話構成であることを考えると、原作漫画6巻くらいまでを描くペースと予想できそうです。

⇒ ドッグシグナルの漫画はこちら

まとめ:ドッグシグナルの2期続編制作の可能性は20%

本日のおとく情報
  • ドッグシグナル2期制作の可能性は20%
  • 放送日は2026年4月頃になると予想
  • 内容的には原作漫画6巻くらいまでを描くと予想

「ドッグシグナル」のアニメ2期ですが、円盤売上や動画配信サービス、海外人気などを考えると厳しいですが、NHKで放送しているアニメということを考慮して、続編制作の可能性は20%と予想しました。

「ドッグシグナル」を犬を飼っている人も、これから飼いたいと思っている人も勉強になるアニメです。アニメだと必要な知識を覚えやすいと思うので、犬を飼うことに興味がある人はぜひチェックしてみましょう。