menuの配達料金は高い?値上げになる変動時間帯や無料にする方法は?

フードデリバリーサービスとして人気の「menu(メニュー)」の配達料金は高いのか?他の宅配サービスと比較してみた結果を掲載しています。

また、配達料金が値上げになる変動時間帯や無料にする方法も紹介していますので、お得に安く注文して、毎日の食事を楽しみましょう。

menuの配達料金はいくら?他と比較して高い?

基本配達料金は300円~

menuの配達料金
  • 基本配達料は300円~
  • お店からお届け先までの距離に応じて値上がり
  • 配達員不足や天候などにより割り増しになることもある

menu(メニュー)でデリバリー注文をした時は、他のデリバリーサービスと同じく、配達料が発生します。基本配達料は300円からとなっており、お店からお届け先(会社や自宅など)までの距離に応じて、50円ずつ配達料が値上がりしていく仕組みとなっています。

何kmから配達料金が値上がりしていくかは、menu(メニュー)の公式ページ内で明記されていませんが、私が利用している地域(神奈川県)では、1kmくらいから配達料金が50円値上がりしています。

都心部にお住まいの方であれば、お届け先から1km以内でmenu(メニュー)に対応している飲食店も多いと思いますので、基本配達料金300円で注文できるお店は十分に確保されているでしょう。

また、基本配達料金以外にも、天候や料理を注文する時間帯によって、配達料金が変動することもあります。

テイクアウトでは配達料金なし

menu(メニュー)では、デリバリー注文以外にも、テイクアウト注文も受け付けています。デリバリー注文がお届け先まで、配達員の人が料理を届けてくれるのに対し、テイクアウト注文では、注文&事前決済をしておき、お店で料理を受け取る注文方法です。

配達の手間がなく、自分自身で料理を受け取りに行くため、配達料金は発生しません。

1,000円未満の注文は少額取扱料が発生する

デザート

menu(メニュー)では、配達料金以外に少額手数料が発生する場合があります。デリバリー注文の合計金額が1,000円未満の場合は、少額取扱料として150円が発生します。

ハンバーガーやドリンク、デザートのみなど、安めの料理や飲物だけを注文すると、1,000円未満となってしまうこともありますが、注文金額を考えると、少額取扱料150円は高いです。

大抵は、あと少し追加注文すれば、合計金額1,000円を超えるケースがほとんどだと思いますので、お得にmenu(メニュー)を注文するためにも、合計注文金額は注意してチェックしましょう。

他のデリバリーサービスとの比較

menu(メニュー)の配達料金の仕組みを理解して頂いた所で、他の大手デリバリーサービスと配達料金を比較してみました。

サービス名 配達料 サービス料
menu 300円~550円 なし
Uber Eats 50円~
※平均300円~500円ほど
注文金額の10%
出前館 0円~
※平均300円~400円ほど
なし

大手デリバリーサービスの基本配達料金ですが、Uber Eats(ウーバーイーツ)は50円~、出前館は0円~となっており、どちらもお店とお届け先までの距離に応じて、配達料金が変動するのは、menu(メニュー)と同じです。

Uber Eatsは配達料金が50円からと安いですが、サービス料が加算される点に注意が必要です。例えば、2,000円ぶんの料理を注文したとすると、サービス料として10%相当額の200円が加算されます。

また、出前館は一部の大手チェーン店は1,500円以上などの条件付きで、配達料金が無料になっています。また、送料無料キャンペーンを頻繁に実施しており、その時は配達料金0円で注文できるお店が増えます。

これだけ見ると、menu(メニュー)の配達料金が高いように感じますが、Uber Eats(ウーバーイーツ)と出前館は、最低の配達料金が低いだけで、平均配達料金でみると、menu(メニュー)と大して変わりません。

Uber Eats(ウーバーイーツ)のように、一見配達料金が安く見えても、サービス料金込みで考えると、結果として高くなってしまうケースもあるため、注意が必要です。

menu(メニュー)の場合は、後述する「menu pass」を利用することで、基本配達料金を無料にすることもできるため、デリバリーサービスを良く利用する方は、menu(メニュー)が一番お得に安く注文することができるでしょう。

menuの配達料が値上げになる変動時間帯は?

12時、18時前後は高くなりやすい

オムレツ

menu(メニュー)の基本配達料金は、お店からお届け先までの距離に応じて変動していきますが、その他の要因で値上げとなることもあります。

ポイントは配達員の不足時です。一般的に昼食は12時前後、夕食は18時前後に済ませる方が多いため、この時間帯は配達料金が変動しやすく、基本配達料300円から値上げとなるケースが多いです。

私が住んでいる神奈川県では、11時40分~12時20分、17時40分~18時20分くらいの時間帯に配達料金が値上げになることが多いです。

もちろん、ポイントとして記載した配達員が十分に確保していれば、上記時間帯でも基本配達料300円のままとなるケースも多いです。

仮に配達料金が値上げになってしまったとしても、しばらくすると、通常の配達料金300円に戻っていくことも多いので、時間に余裕があるのであれば、少し待ってから注文するのがおすすめです。

土日、祝日は高くなりやすい

時間帯以外に、曜日で配達料金が値上げとなるケースもあります。多くの人が休日となる土日、祝日はmenu(メニュー)でデリバリー注文をする人も多くなるため、上記時間帯以外でも配達料が値上げになるケースが多いです。

ただし、これも配達員が不足しているかどうかがポイントです。土日、祝日は配達員として稼働している人も多くなるため、注文する人と配達する人のバランスが崩れなければ、土日、祝日でも配達料金が値上げにならず、安定していることも多いです。

土日、祝日も配達料金が値上げとなってしまった場合は、少し待つと元に戻ることも多いため、あらかじめ時間に余裕を持って注文しましょう。

雨の日は高くなりやすい

雨が降っていたり、台風が接近しているなどで、天候が荒れている場合も、menu(メニュー)は値上げしやすいです。

こちらも天候が荒れているからという理由ではなく、配達員が不足していることが原因です。雨が降っていても、小雨で稼働している配達員が多い場合は、配達料金も変動せず、安定していることが多いです。

逆に台風などで荒れ模様の時は、配達料金が高いままで、最低配達料金の300円まで戻ってこないこともあるため、状況次第では配達料高いままで注文するか、注文をキャンセルするか判断しましょう。

menuの配達料を無料にする方法

ここまでmenu(メニュー)の配達料金について解説してきましたが、ここからは配達料金を無料にする方法を紹介していきます。

初回クーポンコードを利用する

まだ、menu(メニュー)を利用したことがない人におすすめなのが、初期限定のクーポンコードを利用することです。

アプリ名 menu(メニュー)
割引金額 2,500円ぶんクーポン
(配達用1,250円×2枚)
利用条件 初めてmenu(メニュー)アプリ利用
対象エリア 全て
クーポンコード faet6mw

iSO用のmenuアプリダウンロードはこちら
Android用のmenuアプリダウンロードはこちら

当サイト限定の上記リンクから、menuアプリをダウンロード&インストールして頂き、クーポンコード「faet6mw」を入力すると、2,500円ぶん(1,250円×2枚)のクーポン券をゲットすることができます。

基本配達料金300円は無料にはなりませんが、それ以上の値引きをすることができるため、実質配達料無料のような感じで注文することができます。

また、この後に紹介するmenu passを利用することで、配達料金も無料にできるため、初めての方は、初回クーポンコード&menu pass利用が最強です!

menu passに加入する

menu pass(メニューパス)

月額制のサブスクサービスとなる「menu pass」を利用することで、基本配達料金300円を無料にすることもできます。

「menu pass」は1,500円以上注文することで、基本配達料金300円が無料となり、さらに注文金額から5%値引きになるという、強力な特典が付いてきます。

月額980円のサービスとなっていますが、1ヶ月で3回注文すれば、元を取ってお釣りが出るため、「menu(メニュー)」のデリバリーアプリを利用するなら、非常におすすめのサービスとなっています。

しかも、30日間お試し無料期間もあるため、まだmenu(メニュー)を利用したことがない人、もしくはmenu(メニュー)は利用しているけど、「menu pass」は利用したことがない人は、お試し期間だけでも利用するのがおすすめです。

まとめ:menuの配達料金は高くない!menu pass併用で安くできる

本日のおとく情報
  • menuの配達料金は他のデリバリーサービスとほぼ同じ
  • 配達料金は距離や配達要員不足時に変動して、値上げになることがある
  • menu passを利用することで配達料無料にすることもできる

menu(メニュー)のデリバリーアプリですが、Uber Eats(ウーバーイーツ)や出前館に比べると、知名度は低いものの、提供されているサービスでは引けを取りません。

上記2社と比較すると、若干取り扱い店舗の数が少ないのが欠点ですが、徐々に店舗数も拡大しており、「menu pass」を利用することで、配達料を安く抑え、お得に注文できるのが魅力です。

また、初回クーポンコードでもらえる金額も非常に大きいため、まだmenu(メニュー)を利用したことがない人は、この機会に利用してみてくださいね。