喧嘩独学

「喧嘩独学」アニメ1期が何クールで全何話までの構成となるのかや、2期続編制作の可能性・放送日がいつからになるのかをまとめています。

また、アニメ続きを知りたい人のために、原作漫画のどこからどこまで(何巻から何巻まで)描くのかや、動画配信サービス(サブスク)のどこで見れるのかなども紹介していますので、参考にしてください。

この記事で分かること

  • 「喧嘩独学」アニメ2期制作の可能性と放送日いつからか
  • 「喧嘩独学」アニメは何クールで全何話までとなるのか
  • 「喧嘩独学」アニメは漫画のどこからどこまでを描くのか

「喧嘩独学」とはどんなアニメ?

「喧嘩独学」は韓国のWeb漫画から派生したアニメで、根底にあるのは底辺からのし上がる青春と挑戦の物語です。世界で20億回読まれたLINE漫画ということで、日本でも大きな話題となっています。

原作と連載の背景

原作は韓国の漫画家T.Junによるもので、金正賢が作画を担当しています。2019年11月15日に韓国のNAVERで連載がスタートし、その後2020年4月には日本のLINEマンガで連載が開始されました。

原作者のT.Junは以前に全世界閲覧数100億回を超えた「外見至上主義」を手掛けており、その流れを汲む形で本作も日本市場に適応させています。

物語の魅力とキャラクター

主人公の志村光太は、学校でのいじめと母の病気という二重の苦境に立たされながらも、偶然からネットでの喧嘩動画配信を始めることで状況を一変させます。彼の戦いはただの暴力ではなく、策略と成長の物語です。

また、佐伯コージのような異色のキャラクターも彼の成長に一役買っており、登場人物それぞれが魅力的です。

「喧嘩独学」は格闘技を軸にしたダイナミックな展開と、ディープな人間ドラマが描かれており、そのどちらも見事にバランスが取れています。ネット社会の影響を受けた新時代のヒーロー物語として、多くのファンに支持されている理由がここにあります。

美少女

今までの日本にはないタイプのアニメで、ある意味新鮮です

「喧嘩独学」アニメ2期制作決定の可能性は?

項目 参考データ 判定
円盤売上 Amazon売れ筋ランキングで6,000位以下 ×
動画配信人気 dアニメストアウィークリーランキングで21位~30位
海外の反応 Anime Trendingで31位以下 ×
原作人気 全世界で20億回閲覧
公式Xフォロワー数 2.9万人↑

※2024年5月13日時点のデータです。

アニメ「喧嘩独学」の第2期制作決定の可能性について考察していきます。結論から書くと、アニメ2期続編制作の可能性は低めです。

アニメの2期制作は複数の要因に基づいて決定されるため、具体的なデータを基に分析してみましょう。

円盤の売上はアニメ続編の重要な指標

アニメの続編制作の重要な判断基準となるのが円盤の売上です。一般的には平均4,000枚の売り上げが黒字と見なされ、2期の制作に繋がります。

しかし、「喧嘩独学」の場合、Amazon売れ筋ランキングで6,000位以下というデータが示す通り、この基準を満たしていないようです。この点は2期制作の可能性を低下させる要因と言えるでしょう。

動画配信サービスでの評価

最近では動画配信サービスでのパフォーマンスも重要視されます。特に独占配信契約があるれば、それだけで黒字が確定すると言われていますが、「喧嘩独学」は主要な動画配信サービスで見放題配信となっています。

動画配信サービスにおける人気はというと、dアニメストアのランキングで21位~30位と中堅クラス。これはアニメ2期続編制作の「可能性はあるが強くはない」という状況と言えそうです。

海外市場での反応

海外の市場の反応が良ければ、日本国内以上の収益を期待できる場合があります。しかし、「喧嘩独学」は英語圏のアニメランキングサイト「Anime Trending」で31位以下という結果であり、海外での注目度が高くないことが伺えます。

海外の反応・評価面では、「喧嘩独学」のアニメ2期制作の可能性は低そうです。

原作人気とフォロワー数

喧嘩独学」は原作の人気が高く、全世界で20億回の閲覧数を誇ります。また、公式Xのフォロワー数が2.9万人と高めであることから、作品自体の人気は高いと推測できます。

現時点でアニメ化の反応が良くない点は気になりますが、原作人気が高い点はアニメ2期制作にプラスに働く可能性が高いでしょう。

「喧嘩独学」のアニメ2期制作決定の可能性まとめ

「喧嘩独学」のアニメ2期制ですが、大きな判断材料となる円盤売上と動画配信サービスの人気面で苦戦していることから、続編制作の可能性は低いでしょう。

ただし、原作は世界的に人気があることから、アニメ2期までは制作が決定している可能性も十分に考えられるでしょう。

美少女

具体的にはアニメ2期制作の可能性は20%程度と予想しています。

「喧嘩独学」アニメ2期放送日はいつから?

「喧嘩独学」のアニメ2期が制作された場合、放送日がいつからになるのかを予想していきます。まず、アニメ1期に関しては、1クール12話の放送が予定されていることから、最終回は2024年6月に放送見込みです。

最短であれば、1年~1年半くらいでアニメ2期続編が放送されることもありますが、「喧嘩独学」は第1期目ということもあり、視聴者の反応を見てから、放送日を判断する可能性が高いのではないでしょうか。

よって、「喧嘩独学」のアニメ2期続編放送日は、2年後となる2026年7月頃になると予想します。

美少女

最近は2期制作まで決定しているアニメも多いため、最終回の告知に注目!

「喧嘩独学」アニメ何クール全何話まで?漫画どこまで?

アニメ1期は1クール12話で放送予定

「喧嘩独学」のアニメは1クール12話で放送予定です。根拠は公式サイトの円盤情報にあります。「喧嘩独学」の円盤となるBlu-rayは全話収録のBlu-ray BOXとなっていますが、収録話数をチェックすると、全12話となっています。

内容的にはLINE漫画24話くらいまでと予想

「喧嘩独学」のアニメ1期がLINE漫画のどこまでを描くかですが、24話くらいまでと予想しています。

アニメ5話では、志村光太が友達のカネゴンを救い出すために、ハマケンをぶちのめすエピソードが公開されましたが、これはLINE漫画では11話途中までの内容となっています。

アニメ1話あたりLINE漫画2.2話のペースで進んでいることから、単純計算で24話くらいまでを描く計算となります。「喧嘩独学」のLINE漫画は全218話まで公開されていることから、原作ストックは十分にありそうです。

美少女

アニメ2期はもちろん、3期・4期と作れるボリュームです

アニメ2期決定!?全何話まで何クール、漫画どこまでまとめ

この記事のポイントまとめ

  • 「喧嘩独学」のアニメ2期制作決定の可能性は20%程度と予想
  • アニメ2期放送日は2026年7月頃と予想
  • アニメ1期は1クール12話放送予定
  • 内容的にはLINE漫画24話くらいまでと予想

アニメ「喧嘩独学」ですが、Youtubeと喧嘩を題材としており、今まで日本ではあまり見なかったタイプの作品だけに、ある意味新鮮です。

日本ではまだそこまで人気が無いようですが、これからのストーリー次第ではジワジワと人気が上昇していきそうな気がします。LINE漫画ではすでに完結していますが、アニメ2期制作にも大いに期待したいですね。

マンガや小説を読むならコミックシーモアがおすすめです!

「新しいマンガを探しているけれど、何を読んだらいいかわからない…」
「高い本を買う前に、作品の雰囲気を知りたい…」
「毎日の通勤時間を楽しく過ごしたい…」
「お得にマンガを読みたいけれど、どこで探せばいいかわからない…」

など、マンガの楽しみ方に悩んでいる方はたくさんいます。

そんな方にオススメなのが、コミックシーモアのキャンペーンです!

\会員登録後すぐに使える70%OFFクーポン配布中/

コミックシーモアでは、新規無料会員登録時に、お好きな作品に使える70%OFFクーポンをプレゼントしています。このクーポンは対象作品1冊に限り、1回のみ使用可能で、新規登録から7日間有効です。ただし、一部のタイトルはクーポン対象外となるので注意が必要です。

さらに、新規無料会員登録月の翌月末までに月額メニューに登録し、翌月の1日まで継続すると、登録メニュー分のポイントが後日返還される特典もあります。これにより、お得にさらに多くのマンガを楽しむことができます。

加えて、無料会員登録翌日からの7日間、毎日の訪問で10ptまたは40ptがプレゼントされるキャンペーンも実施中です。このポイントを使って、さらに多くの作品をお得に楽しむことが可能です。

\会員登録後すぐに使える70%OFFクーポン配布中/

コミックシーモアのキャンペーンを利用すれば、新しいマンガを発見し、お得に楽しむことができます。この機会に、ぜひコミックシーモアをチェックしてみてください!