壬氏(じんし)声優

「薬屋のひとりごと」にて、壬氏(じんし)の声優キャストを担当する大塚剛央さんさんのプロフィールやアニメキャラクター代表作をまとめています。

また、声優が櫻井孝宏さんから変更になった理由や、壬氏と猫猫は両思いなのかなど、気になる情報を紹介していきます。

「薬屋のひとりごと」壬氏(じんし)声優・大塚剛央さんはどんな人?

大塚剛央さんは、日本のアニメ業界において注目される声優の一人です。彼の生い立ちやキャリアの特徴は、多くのアニメファンにとって魅力的な要素を持っています。

大塚さんは東京都出身で、1992年10月19日に生まれました。彼の声優としてのキャリアは、一風変わった経緯を経て始まりました。

高校時代にはスポーツ関連の職業を目指していましたが、大学4年生の時にゲームとアニメに夢中になり、声優の道を志すようになりました。その後、日本ナレーション演技研究所を経てプロの声優となり、多くのアニメで活躍しています。

今までに演じてきたアニメキャラクター代表作としては、「風が強く吹いている」での蔵原走役や、「乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です」でのリオン・フォウ・バルトファルト役など、彼の演じるキャラクターは多様であり、彼の演技力の幅広さを示しています。

また、「アイドルマスター SideM」の眉見鋭心役や「FABULOUS NIGHT」のギルガメッシュ役、「ハイキュー!!」の黒石純二役、「BEASTARS」のコロ役などの作品での活躍も見逃せません。

大塚さんの個人的な趣味や特技にも注目が集まります。彼はRPGゲームを好む一方で、サッカーにも造詣が深いです。また、同業者との親交も深く、特に天﨑滉平さんとは公私ともに仲が良いことが知られています。

声優業界での大塚剛央さんの地位は、その豊かな才能と情熱的な演技によって確立されています。彼の声は多くのファンを魅了し続けており、今後の更なる活躍が期待されています。

大塚剛央さんのさらに詳しいプロフィールはこちら。

>>【推しの子】アクア(星野アクアマリン)声優・大塚剛央の代表作キャラ

壬氏(じんし)の声優が櫻井孝宏さんから大塚剛央さんに変わった理由は?

アニメ「薬屋のひとりごと」で壬氏の声優が櫻井孝宏さんから大塚剛央さんに変更された理由は、櫻井孝宏さんの個人的な問題が影響していると考えられます。

具体的には、櫻井孝宏さんが不倫騒動に巻き込まれたことが、彼の声優としてのキャリアに大きな影響を及ぼしたとされています。

ドラマCD版では、壬氏(じんし)の声優を櫻井孝宏さんが担当していたため、普通であれば、そのまま続投するのが一般的です。

一方、新声優キャストとして登場した大塚剛央さんは、東京生まれの30歳で、これまでにも多くの作品で注目を集めていたとされています。彼が壬氏を演じることに対するファンの反応は概ね好意的で、多くの人が大塚さんの演技に期待を寄せています。特に彼のイメージが壬氏のキャラクターに合っているという意見が多いようです。

この声優変更は、アニメ「薬屋のひとりごと」だけでなく、声優業界全体で同じような事態が発生する可能性があり、今後の動向が注目されています。また、声優が不祥事を起こした場合に同じような降板劇が見られるのか、気になる所です。

「薬屋のひとりごと」壬氏(じんし)はどんなキャラクター?

「薬屋のひとりごと」は古代中国風の王宮を舞台にした物語で、壬氏(ジンシ)はその中心的なキャラクターの一人です。壬氏は後宮を取り仕切る美形の宦官で、公称24歳のイケメンです。

彼は「天女の微笑み」や「花の顔」と称されるほどの美貌を持ち、非常に大人びた容姿をしています。物語のもう一人の主人公である薬師の少女・猫猫(マオマオ)と深く関わる人物で、彼女に対して一方通行な想いを抱いています。

壬氏の正体は、帝と阿多妃(アードゥオ)の息子であり、表向きは先帝と安氏の息子(皇弟)とされていますが、真実は壬氏本人も知らない複雑なものです。皇族である彼は、恋愛においても自由が制限される立場にあり、これが猫猫との関係に影響を及ぼしています。

また、壬氏は後宮で働くために男性機能を減退させる薬を用いており、その過去や家族関係など、複雑で深い背景を持つキャラクターです。彼の立場は物語が進むにつれて変化していく可能性があり、今後の展開が注目されます。

「薬屋のひとりごと」壬氏(じんし)と猫猫は両思い?

「薬屋のひとりごと」における壬氏(じんし)と猫猫の関係は、非常に複雑で魅力的な部分です。壬氏は、現皇帝の弟として育てられましたが、実際は現皇帝と阿多妃の息子で、その出生の秘密は非常に限られた人々しか知りません。

また、壬氏は後宮で特別な任務を帯びており、その一環として猫猫との出会いがありました。彼女に対しては、一途な思いを持ち続けています。

物語の進行に伴い、壬氏と猫猫の関係性は徐々に変化しています。初期の段階では、猫猫は壬氏に対して冷たい態度を取っていましたが、物語が進むにつれて彼女の態度にも変化が見られます。この微妙な関係性の進展は、物語の中で重要な要素を成しています。

特に注目すべきは、壬氏と猫猫の間で描かれる恋愛的なシーンです。原作小説の4巻で予兆が見られ、5巻では二人の間での初めてのキスシーンが描かれています。

このキスシーンは、二人の関係性における大きなターニングポイントとなり、ファンにとって胸キュンの瞬間であると同時に、物語の展開における重要な要素となっています。

>>【薬屋のひとりごと】壬氏(じんし)のキス求婚プロポーズをネタバレ解説!

このように、「薬屋のひとりごと」における壬氏と猫猫の関係は、多層的で複雑な背景を持ちながらも、徐々に深まる絆と愛情が魅力的に描かれています。

個人的にはすでに壬氏と猫猫は両思いになっていると思いますが、お互いの立場などもあり恋人関係になれないのがもどかしい所です。

ファンとしては、これからの物語の展開において、二人の関係がどのように発展していくのかを見守るのが楽しみです。

まとめ

「薬屋のひとりごと」では壬氏(じんし)の声優キャストを担当している大塚剛央さん。ドラマCD版で櫻井孝宏さんの声を聞いていた人にとっては違和感があるかもしれませんが、アニメ版から見始めた人は素直に受け入れることができそうです。

「薬屋のひとりごと」はミステリーとしての面白さがメインですが、壬氏(じんし)と猫猫との恋愛関係も見逃せません。ラストでは壬氏(じんし)と猫猫が両思いになって結ばれることを祈りたいですね。

>>【薬屋のひとりごと】アニメ2クール全何話まで?小説漫画どこまで?