ドクターストーン3期

週刊少年ジャンプで連載されていた大人気漫画『Dr.STONE(ドクターストーン)』のアニメ全話あらすじとネタバレ感想を紹介しています。

最新話となる第16話「全土大乱戦」の内容も掲載していますので、ぜひ最後までお楽しみください。

アニメ16話「全土大乱戦」ネタバレあらすじ感想

『Dr.STONE』第3期16話「全土大乱戦」では、科学王国と石化王国の最終決戦が繰り広げられます。千空たちは、敵の石化装置を奪うためにフード戦士に扮して先制攻撃を仕掛けます。

金狼が先頭で攻め込む中、龍水たちは物陰からドローンを待機させます。キリサメは石化装置を投げるタイミングを伺いますが、イバラはモズの動きを警戒し、千空たちを追い込むために卑劣な手口を用います。

一方、千空は感覚ではなく科学的な計算に基づいて石化装置がフェイクであることを見抜き、全員でラボカーに逃げ込みます。イバラはモズを疑い、キリサメに対してモズが侵入者と内通している可能性を示唆します。

この状況に対応するため、千空は二つのチームに分かれる作戦を立てます。一方のチームは敵の後宮から頭首像を奪い、もう一方のチームは島全体を石化させないように時間を稼ぎます。

千空たちの機転と勇気、そして科学と策略が融合した緊迫感あふれる戦いが続きます。。敵の罠を見抜き、逆境をチャンスに変える千空の頭脳戦が光ります。また、金狼やマグマなどのキャラクターたちもそれぞれの方法で戦いに貢献していました。

生徒

イバラ頭悪そうな見た目なのに、意外と策士ですね(笑)マグマが銃を持ち出すなど、当初の計画はめちゃくちゃですが、そんな時でも柔軟に対応できる千空はさすがです。

アニメ12話「反撃の科学王国」ネタバレあらすじ感想

千空と仲間たちはプラチナを利用し、硝酸製造装置を構築、石化解除液を生み出します。しかし、製造可能な液量は限られており、初めに技師のカセキを目覚めさせることを決意します。

一方、イバラは侵入者の存在に気付き、科学の国の仲間を海に投げ、船長龍水を村へ連れて行きます。千空たちは海に投げ捨てられた仲間の回収を目指し、船と海流に詳しい龍水を助ける計画を立てます。

後宮の女性たちに龍水の石像破壊を求められた際、コハクは怒りますが、千空の指令に従い、冷静に石像を破壊します。これは千空の策略でした。

龍水復活後、彼は千空が空中戦の準備としてドローン作成を計画していることを知り驚きます。その後、スキューバダイビング用の酸素ボンベを作成し、カセキたちを海底から救い出すことを考えます。

配管を再利用し、二本の酸素ボンベを完成させます。酸素ボンベを使用し、龍水とソユーズは全ての石像を見つけますが、カセキの石像は動かせません。

残りの酸素も少なくなり、龍水はモールス信号で復活液を要求し、海中で大樹を復活させると、大樹の驚異的なパワーで、カセキの石像を引き上げることに成功します。

これにより、カセキの協力を得て、ドローンの制作に取り掛かることができるようになりました。

生徒

ついに龍水と大樹、カセキが復活!いくら力自慢キャラとはいえ、大樹がチート過ぎる回でしたね(笑)でもこの科学王国のチームプレーは見ていて、気持ちいいです。

アニメ13話「メデューサの素顔」ネタバレあらすじ感想

千空たちはカセキの復活を目指しますが、欠損部分により奇妙な模様が残る可能性が発生します。

しかし、大樹の努力により多くの石片を回収し、カセキの復活を実現します。カセキの技術により、ドローン製作は急速に進行し、ドローンのプロペラとハンドスピナーが製作されます。しかし、初のドローンは安定せず、改善が必要でした。

同時に、後宮に潜伏していたコハクたちの中で銀狼が頭首に呼ばれ、身体検査を受けながら頭首の部屋へ向かいます。コハクは石化王国の戦士モズと遭遇し、侵入者であることが露見。島の兵士たちとの戦闘に突入し、オオアラシの助けを得て窮地を脱します。

銀狼はイバラに酢酸エチルを使ってめまいを起こさせますが、頭首が既に石化されていることを知り、イバラに狙われます。重傷を負った銀狼はコハクと合流し、頭首の情報を共有。

危険を冒してコハクは、敵の石化武器を使って自分と銀狼を石化させます。石化される直前、コハクは石化武器・メデューサを目撃し、その科学的な起源を確信します。

生徒

まさかの銀狼リタイアかと思われましたが、コハクの機転が見事でした!いよいよ石化の謎も明らかになりそうで次回が気になります!

アニメ14話「頭脳戦のディールゲーム」ネタバレあらすじ感想

第14話「頭脳戦のディールゲーム」では、緊迫した展開が続きます。島の頭首が石像であることが明らかになり、イバラの手によって銀狼が致命的な傷を負います。コハクの機転で二人は自ら石化され、千空たちの救助を待つ状況に。一方、千空は仲間を次々と復活させ、反撃の切り札となるドローンを手に入れます。

この混乱の中、アマリリスが脱出に成功し、敵の内情を千空たちに伝えます。そんな中、石化王国の最強戦士・モズが現れ、物語は新たな局面を迎えます。

千空たちは、敵の持っている石化武器が一つだけであることを突き止め、戦略を練ります。イバラの慎重な性格を利用し、彼がキリサメに石化武器の使用を一任していることを推測します。

モズの登場は、千空たちにとって新たなチャンスをもたらします。彼はイバラが石化王国の頭首を石化させた黒幕であることを明かし、自らが後宮を支配する野望を持っていることを示唆します。千空たちはモズとの交渉を試み、彼を味方につけるための策略を巡らせます。

浅霧幻は、メンタリストとしての技術を駆使し、モズを操作しようとします。彼はモズに対し、科学王国と手を組むことを提案し、石化武器の取引を持ちかけます。しかし、モズは自分の立場を強調し、石化武器を自分に渡すよう要求します。

これも実は浅霧幻の駆け引きのうちで、見事モズを一時的に仲間に加えることに成功します。モズは早速変装し、科学王国の兵士のフリをして、石化王国の兵士たちを蹴散らします。

こうして、科学王国の脅威を感じたキリサメが石化武器を使ったところをドローンで奪い取る作戦がスタートしました。

生徒

浅霧幻のメンタリスト技術はお見事の一言!現実でも使えそうなテクニックでしたね。科学王国の人は、一芸に秀でた人ばかりで個性的なので、チームとして上手く機能しています。イバラやキリサメよりも、最終的にモズの扱いをどうするのかが難しそうですが、この後の展開も見逃せません!

アニメ15話「三次元の決戦」ネタバレあらすじ感想

オオアラシがイバラやキリサメにフード戦士の驚異的な強さを誇張して伝えたことから、モズはキリサメと共にフード戦士を倒すべく動き出します。しかし、モズは石化武器を手に入れた途端、千空たちを裏切る可能性が高まります。

これを予測した千空は、神と悪魔の発明品である拳銃を作り、警官の陽を復活させて武装させます。さらに、石化武器を奪取するための囮として複数のフード戦士を用意し、陽には射撃訓練を施します。

力自慢の金狼、ニッキー、マグマを復活させ、綱引き特訓を行い、カーボンワイヤーを用いてドローンを改良します。

そして、海哭りの崖での最終決戦に備え、モズを騙して石化王国を誘い出します。日の出と共に、科学王国と石化王国、そしてモズの三つ巴の戦いが、海哭りの崖で繰り広げられるのです。

生徒

アニメ15話では科学王国の仲間たちが続々と復活!役者が揃って、いよいよ最終決戦です。それにしても拳銃ってあんな簡単に作れるんですね。勉強になります!

『Dr.STONE(ドクターストーン)』はどんなアニメ?

『Dr. Stone』は日本の漫画で、稲垣理一郎がストーリーを、Boichiが作画を担当しています。この作品は2017年に連載が開始され、アニメ化もされています。

物語は突如として全人類が石化し、数千年後に主人公・石神千空(いしがみ せんくう)が目を覚ますところから始まります。千空は科学の知識を駆使して人類を石化から解放し、文明を再建するために奮闘します。

『Dr. Stone』はキャラクター達が魅力的で、さまざまな科学的知識や発明が紹介されているので、楽しく学べるアニメとしても人気です。

\本作品を見放題配信しているサイトはこちら!無料期間中なら、いつでも解約できる/

動画配信サービス 無料期間
DMM TVプレミアム 30日間
U-NEXT 31日間
dアニメストア 31日間
Amazon Prime Video 30日間
ABEMAプレミアム 2週間

※2024年6月時点の情報です。最新情報は各動画配信サイトをご確認下さい。