最果てのパラディン

「最果てのパラディン」のアニメ3期続編制作の可能性はあるのか?あるなら、放送日はいつからになるのかを考察予想しています。

また、アニメ2期が何クールで全何話までの放送となるのかや、原作小説・漫画のどこからどこまで(何巻から何巻まで)映像化されたのかもまとめていますので、ファンの人は必見です。

【最果てのパラディン】鉄錆の山の王(2期)のあらすじ内容は?

「最果てのパラディン 鉄錆の山の王(2期)」のアニメが2023年10月より放送開始となりました。

第2期の物語あらすじとしては、若き領主ウィルの冒険と試練に焦点を当てています。ウィルは灯火の河港の発展を牽引し、獣の森の平和を守る役割を担っていましたが、季節外れの花の異常発生が森の危機を告げます。

ウィルとメネルドールたちは、不吉な予言を受け、鉄錆山脈に潜む「黒き災いの火」と対峙する運命に直面します。

その中で、彼らは200年もの間、竜と戦い続けてきた不死者化したドワーフの一隊と遭遇。ルゥは邪悪な竜ヴァラキアカを倒すことを宣言し、かつての王国を取り戻すための決意を表明します。

この物語は、過去の後悔と共に異世界に転生したウィリアム(ウィル)の人生を描いています。ウィルは英雄の不死者たちに育てられ、様々な技能を学びます。その後、彼は獣の森での挑戦を通じて成長し、聖騎士(パラディン)として名声を得ます。

ウィルの物語は、彼が直面する困難、使命への取り組み、そして周囲の人々との関係を通じて展開され、ファンタジーの世界観とキャラクターたちの心理的な成長が魅力的に描かれています。

動画の無料視聴なら【dアニメストア】がおすすめ!

  1. 初回31日間無料でお試しできる
  2. お試し後も月額550円でコスパが高い
  3. アニメ専門だから5,500作品以上が見放題
dアニメストアで動画を見る
\無料期間中の解約なら、料金請求一切なし/

※2024年6月時点の情報です。最新情報はdアニメストアサイトをご確認下さい。
dアニメストアの詳しいレビューを知りたい方はこちら

【最果てのパラディン】アニメ2期は何クール全何話まで?

「最果てのパラディン 鉄錆の山の王(2期)」のアニメが何クールで全何話までの放送となるのかは、公式より発表されていませんが、1クール12話前後になる見込みです。

通常、円盤(Blu-rayやDVD)の収録話数から、何クールで全何話となるのかは予想することができますが、「最果てのパラディン 鉄錆の山の王(2期)」は現時点で円盤の発売情報が記載されていません。

ただし、原作小説・漫画のストックが少ないこともあり、2クール放送するのは厳しい状況です。よって、「最果てのパラディン 鉄錆の山の王(2期)」のアニメは1クール12話前後の放送になると予想します。

【最果てのパラディン】アニメ3期続編制作の可能性はある?

項目 参考データ 判定
円盤売上見込み 767枚以下(1期1巻) ×
動画配信人気 dアニメストアウィークリーランキングで19位
海外人気 Anime Trendingで38位 ×
原作人気 累計発行部数不明
公式Xフォロワー数1.9万人以上

※2023年12月7日時点のデータです。

現時点で「最果てのパラディン」アニメ3期についての制作決定は発表されていませんが、可能性としては10%くらいと考えています。

根拠として一番の理由は、原作小説の残りストックが少なく、連載がストップしている点です。

【最果てのパラディン】原作・漫画は打ち切り完結?再開いつから?

「最果てのパラディン」の原作小説は既刊が5巻となっていますが、「最果てのパラディン 鉄錆の山の王(2期)」では、小説4巻までを描く予定となっています。

原作小説の残りストックが1巻となっている上に、連載が止まっている状況では、物理的にアニメ3期続編を制作するのは不可能です。

また、アニメ3期制作の判断となる指標も芳しくありません。アニメ続編制作において重要となる円盤売上は、アニメ1期1巻の初動売上が767枚以下となっており、爆死とも言える結果になりました。

そのこともあってか、「最果てのパラディン 鉄錆の山の王(2期)」は現時点で円盤(Blu-rayやDVD)の発売予定も告知されていない状況です。

動画配信サービスはdアニメストアのウィークリーランキングで19位とそこそこ健闘しているものの、海外反応は『Anime Trending』で38位となっており、目立った人気があるとは言い難い位置です。

原作小説・漫画の累計発行部数は公表されておらず、公式X(旧Twitter)のフォロワー数も1.9万人以上と、アニメ1期からの期間を考えると少ない状況です。

どうしてアニメ2期が制作されたのか不思議なくらいの状況であり、原作小説のストックも少ないことから、アニメ3期続編制作の可能性は非常に低いでしょう。

【最果てのパラディン】アニメ3期放送日はいつから?

タイトル 放送期間 前作との間隔
アニメ第1期 2021年10月~2022年1月/td>

アニメ第2期 2023年10月~

現時点で「最果てのパラディン」のアニメ3期続編制作の可能性は低めですが、ゼロではありません。仮にアニメ3期が制作された場合に、放送日がいつからになるのかを予想していきます。

まず、過去シーズンを振り返ると、アニメ1期は2021年10月~2022年1月まで放送され、アニメ2期は2023年10月から放送開始となったため、放送間隔としては約9ヶ月となります。

一般的なアニメと比較しても短めの放送間隔となっていますが、これはあらかじめ、2期まで制作することを前提としていたためと思われます。

アニメ3期に関しては、原作小説・漫画のストックが足りないという大きな問題点があるため、かなりの時間がかかるのではないでしょうか。

よって、「最果てのパラディン」のアニメ3期続編放送日は、3年後となる2027年1月以降になると予想します。

【最果てのパラディン】アニメ1期と2期は原作小説・漫画のどこからどこまで?

「最果てのパラディン」のアニメ続きを知りたい人のために、第1期と2期が原作小説・漫画のどこからどこまで(何巻から何巻まで)を描いたのかをまとめていきます。

まずアニメ1期は『死者の街の少年』と『獣の森の射手』のエピソードを中心に映像化されましたが、原作としては小説(ライトノベル)では2巻の最後まで、漫画版では6巻の27章までの内容となっています。

そして、アニメ2期は『鉄錆の山の王』のエピソードが中心となっており、小説では3巻下の最後まで、漫画では12巻の最後までの内容が放送されると予想されています。

原作漫画としては既刊の12巻全てを描ききってしまうため、「最果てのパラディン 鉄錆の山の王(2期)」の続きを知りたい人は、小説5巻から読むのがおすすめです。

まとめ:最果てのパラディンの3期続編制作の可能性は10%

本日のおとく情報
  • 最果てのパラディン3期制作の可能性は10%
  • 放送日は2027年1月以降になると予想
  • アニメ2期は小説3巻まで、漫画12巻までを描くと予想

「最果てのパラディン」のアニメ3期ですが、円盤売上は不透明で、原作小説・漫画のストックが足りないという大きな問題点があるため、続編制作の可能性は10%と予想しました。

まずは原作ストックを増やさないと、アニメ3期の目処も立たないと思われるので、作者の柳野かなたさんが体調良くなってから、連載再開してくれることを祈りたいですね。