オーダーメイドマットレスの相場や価格は?おすすめの購入手順を紹介

毎日使う寝具の中でも、マットレスは睡眠の質を左右する大切なアイテムです。安いからと価格面だけを見て購入すると、後悔する結果になりかねません。

この記事では自分の体型にあったマットレスをオーダーメイドするメリットと、おすすめの購入手順を紹介します。

オーダーメイドマットレスの3つの魅力

オーダーメイドマットレスは、上質な睡眠を取るために重要な寝具ですが、既成のマットレスとは何が違うのでしょうか?オーダーメイドならではの3つの魅力をお伝えします。

1.寝具のプロに相談しながら、作成できる

カウンセリング

人の体型は千差万別で、頭から足元までの凹凸ラインも、人によって細かい差異があります。そのため、全ての人が満足するような、理想的なマットレスは存在しません。

そこで一人一人の異なる体型に合わせて、寝心地や硬さを調整して作られたのが、オーダーメイドマットレスです。

オーダーメイドなら、プロのスタッフが専用の測定器で、あなたの頭から足元までの凹凸ラインをデータ測定してくれます。自分の好みや肩こり、腰痛などの悩みを相談しながら作れるのが大きなメリットです。

2.自分の体型にあった硬さに変えられる

オーダーメイドマットレスは、体の部位ごとに硬さの異なるウレタン素材のキューブを組み合わせて作成することができます。同じ硬さのキューブでも感じ方は人それぞれで、一人一人の好みに合わせた調整が可能です。

既成のマットレスでは、細かな調整はできないため、100%に近い満足感を得られることは少ないです。オーダーメイドマットレスなら、メーカーにより異なりますが、10cm単位で調整できる製品もあるため、あなたにぴったりのマットレスを作ることができます。

3.購入後のメンテナンスが充実している

メンテナンス

オーダーメイドマットレスは、アフターサービスが充実している所が多いのも魅力です。体型の変化により寝心地に変化があった場合や、製品の厚みに変化があった場合などに、お店に連絡することでメンテナンスをお願いすることができます。

アフターサービスの内容はお店により異なりますが、1年以内ならキューブの交換や硬さの調整を無料で行ってくれるお店や、除菌消臭まで行ってくれるお店もあります。オーダーメイドマットレスを購入する際は、アフターサービスもしっかりと確認しておきましょう。

オーダーメイドマットレスの相場はどれくらい?

オーダーメイドマットレスは価格が高いというイメージを持たれがちですが、実際には1万円前後で購入できる製品もあります。ここではオーダーメイドマットレスの価格帯と、何によって価格が変わるのかを紹介します。

価格は1万円~30万円前後まで幅広い

オーダーメイドマットレスの価格は、安いもので1万円前後から、高いもので30万円前後まで幅広いです。製品によっては、既成のマットレスと変わらない値段で購入できるものもあります。

オーダーメイドマットレスを購入する際に、何を重視するかは人それぞれですが、価格を重視するのであれば、比較サイトで満足の行く製品を探してみるのもおすすめです。

サイズや形、素材などにより価格が変わる

マットレスのサイズ

オーダーメイドマットレスの価格は、サイズや構造、素材の違いが大きく影響します。

サイズは1人用のシングルや、2人用のダブルなどがありますが、サイズが大きくなるほど、使用される原料も多くなり、価格が高くなります。また、ベット用とフロア用では構造が異なるため、価格にも差異が出てきます。

素材はウレタンを使用した製品が多いですが、高価なラテックス素材やポケットコイルを使用している場合は割高になります。

オーダーメイドマットレスの一般的な構造

一般的なマットレスは、体をしっかり支えるスプリング層、詰め物を入れたクッション層、体に直接触れる生地が使われているキルト層の3つから構成されています。

この中でも特に重要なのがスプリング層で、固めの寝心地のボンネルコイル、柔らかめの寝心地のポケットコイル、金属コイルを使っていないノンコイルの3つが代表的です。

ポケットコイルはサイズが大きくなるぶん、価格が割高になります。安いオーダーメードマットレスをお探しの方は、比較的安価なボンネルコイルやノンコイルがおすすめです。

オーダーメイドマットレスの購入手順

オーダーメイドマットレスの作成手順はメーカーにより異なりますが、ここでは一般的な作成手順を紹介します。

1.カウンセリングしつつ、体の計測

オーダーメイドマットレスの作成では、まずカウンセリングを実施します。マットレスの使用環境や、睡眠に関する悩みがある場合は、事前に相談しておくことが大切です。

カウンセリングが終わったら、仰向きと横向きの2方向から体の計測を行います。どちらも立った姿勢のまま、計測することが可能です。

2.データを元に相談しながら制作

計測

体の計測が完了したら、頭から足元までのラインで、どの部位に負担がかかりやすいのかをプロのスタッフと一緒にデータチェックします。

心地良い睡眠を取るためには、バランスの良い体圧分散が重要です。体の部位ごとに硬さの好みがある場合は、しっかりと伝えておきましょう。

3.実際に寝心地を確かめる

制作が完了したら、いよいよオーダーメイドマットレスの寝心地を確かめるフィッティングに移行します。この時に仰向けや横向き、寝返りを打ってみたりと、色々と試してみましょう。

また、寝心地を確かめやすいように、薄手の服装で確かめるのがおすすめです。もし、寝心地が悪い場合や、違和感を感じる場合は遠慮なく伝え、必要に応じて調整を行ってもらいましょう。

フィッティングで確認しておきたい3つのこと

オーダーメイドマットレスを作成する工程において、フィッティングは最終チェックとして非常に重要です。フィッティングで確認しておきたいポイントを3点まとめてみました。

1.理想的な姿勢をキープできるか

人はまっすぐ立っている時が、最も体に負担を与えない姿勢と言われており、寝姿勢もこれをキープできるのが理想です。

フィッティングでは、仰向けに寝ている際に、首・肩・腰・ひざ・くるぶしが一直線になっているかをチェックしましょう。

2.心地よい浮遊感があるかどうか

寝心地

人は体の部位ごとに重さが異なるため、寝姿勢時の各部位への荷重割合も異なります。そのため、硬すぎず柔らかすぎず、バランスの良いクッション性で、体圧を分散することが重要です。

そのため、フィッティングでは、しっかり体全体が支えられているか、心地良い浮遊感があるかどうかをチェックするのが大事です。

3.寝返りがしやすいか

人は一晩に約20~30回ほどの寝返りを打つと言われています。同じ姿勢のまま寝ていると、血行が悪くなったり、自律神経失調症が起こりやすくなるため、寝返りで調整しているのです。

一般的に寝返りをしやすいスペースの目安は「肩幅+50cm」と言われています。フィッティングの際には、片側25cmのスペースが十分に確保されているかを確認しましょう。

なお、2人用のオーダーメイドマットレスで寝る場合は、「肩幅+60cm」が目安となります。

まとめ:オーダーメイドマットレスは一生の宝物!

睡眠時間は人生の中で1/3を占めると言われています。豊かで健康的な生活を送るためには、質の良い睡眠を取ることは必要不可欠です。

オーダーメイドマットレスなら、自分の体型にぴったりと合った最高の一枚を作成することが可能です。

そのためにまずは一度店舗に足を運び、カウンセリングから始めてみるのがおすすめです。